HOME >  痩身エステQ&A >  痩身エステをモニターでするには?

痩身エステをモニターでするには?

痩せたいけれど、自力でのダイエットだけではどうしても痩せられない部分がありますよね。太もも、お尻、顔周りなどは体重が落ちてもなかなか痩せられないと言われています。

ただ痩せるだけではなく、バランスの良いボディーラインを手に入れたい。体重が落ちても落ちないセルライトをなくしたい。そんなピンポイントの痩身、ボディーメイクとなると、自力でできることには限界があるので、やはりエステを取り入れてみたいものです。

大阪にもたくさんある痩身エステ。エステには行ってみたいけれど、やはり気になるのが料金のこと。海外旅行先で物価が安い国に行った時に、エステを満喫するという女性も多いのですが、理想は「特別な経験」としてではなく、美しくなるための活動、「美活」の習慣として続けていけたら嬉しいですよね。

でも、決して安くはない料金に対しての効果はどの程度のものなのか。続けていく価値のある内容か、クオリティーか…信頼できるエステティックサロンを妥協せず見付けたいものです。

また、エステティックサロンには行ったことがないけれど、とりあえずどんなところか見てみたい、経験してみたい。プロの技を無料で、またはお得に堪能できるなんてラッキー!という方もいらっしゃるでしょう。そこで気になるのは各サロンで募集している「モニター」。でも、エステのモニターってどのようなものなのでしょうか?今回はエステのモニターについて探ってみました。

痩身エステをモニターで受ける条件

痩身エステには「モニター」というものがあります。サロンによって募集要項は異なるのですが、今回は大阪のサロンに多い「モニターになるための条件」を紹介します。

  • 20歳以上
  • 本気で痩せたいと思っている方
  • 持病がない方
  • 期間中にきちんとサロンに通える方
  • 3サイズや身長・体重などのデータを公開できる方
  • 写真の公開が可能な方
  • ダイエットコンクールに参加できる方
  • 口コミや体験談をブログに投稿できる

これらが一般的な痩身モニターの条件となります。サロンによって、「こんな条件はない」というところもありますし、逆に「こんな条件があります」というところもあります。サロンによって大きく違う点があるので、気になっているサロンの痩身モニターに応募する際は、きちんと確認するようにしてください。

そのサロンを利用するのが初めての人限定だったり、ブライダルエステのコースなどは挙式の時の写真を公開することが条件というものもありました。SNSに口コミや体験談などを投稿できる人、なんていうものもありました。広告への画像公開は顔出しはないけれど、社内コンテストでは顔も含めて全身写真を公開するなど、公開の範囲も異なっているようです。自分の条件に合うものがあるか、チェックしてみましょう。

体験とモニターはどこが違う?

モニターの他に気になるのが各サロンにある「体験」。

エステには、「体験」と「モニター」という2種類のシステムを導入しているところが多いです。これらの違いについてまとめました。

どちらを利用するのが良いか?そんな時の参考にしていただけたらと思います。

施術回数

体験とモニターの一番の違いは施術回数といわれています。例えば、「お試し体験コース」はほとんどが1回きりの体験メニューになっているのですが、「モニター」になると本コースと同じような扱いになります。つまり、本コースを契約した方と同じ施術内容を受けることができるので、体験とモニターでは施術回数が大きく異なるのです。

体験はあくまでも、サロンの施術内容や雰囲気、効果などを実感してもらってからエステのコースへと誘導することが目的です。

そのため、施術内容やシステム、料金などサロンの説明を受け、体験当日にコースを契約すると割引があったりします。

責任感

「体験」の場合は、安い・1回だけ・気軽にできる・体験をした後は特に何もしなくてよい、というメリットがありますが、モニターは違います。モニターになると、実際に施術体験した後にレポートを提出したり、口コミサイトに投稿しなければなりません。自分以外の人に情報を発信する役割があるので、「面倒くさいな…」と思う方は、モニターはオススメできません。また、モニターになったからには、ダイエットを成功させなければなりません。エステだけの効果に頼るのではなく、食生活や運動についても少なからず努力しないといけないということです。

モニターになると、施術前後の写真公開や効果を競い合うコンテストなどへの参加などもある場合がほとんどです。体験との違いは施術回数、とお伝えした通り、ある程度まとまった期間、本来であれば高額なコース料金を無料、もしくは半額程度の割引をしてモニターに施術をします。それはモニターにとってお得というだけではなく、当然サロン側にもメリットがなければ成立しないことです。

サロン側は、より確かな技術と効果をアピールすることで、サロンの認知度の向上や新規顧客獲得へと繋げることが目的です。そのため、より確実な効果が求められます。その他、モニターを採用するサロン側のメリットとしては、新人研修や覆面調査として顧客目線でのサービスや施術などに関する現状把握や問題点などを得るための材料にするためということもあるそうです。

いずれにしてもモニターになるということは、そのサロンのPR、新規顧客獲得、技術やサービスの向上のための一翼を担う存在になるということでもあるのです。

自分が綺麗になることで、施術してくれたエステティシャンやサロンの役にも立つ。まさにWin-Winの関係と言えますが、逆に言えばそれだけの責任感を持って臨む必要があるということです。

痩身エステのモニターの探し方

痩身エステのモニターは、自分でネットを使って探すか、フリーペーパー、折込チラシなどで情報を得ないといけません。大手のエステサロンでは、ダイエットモニターを募集しているところがほとんどなので、近くに大手サロンがある方は、まず最寄りのサロンのウェブサイトをチェックしてみましょう。

ダイエットモニターになる大まかな流れ

  1. ダイエットモニターを募集しているサロンを探す
  2. 応募する(WEBからの応募が多いです)
  3. サロンの人と面談する日を決める
  4. 実際にサロンに行って、面談&カウンセリングをする
  5. 審査・選考をする
  6. 合否の連絡
  7. モニター開始

「モニターになりたい!」と思っても、これだけの手順を踏まなければなりません。また、すべての人がモニターに選ばれるわけではないので注意してください。

人気のメニューであったり、顔出し画像公開などの条件がないなど、比較的応募しやすいモニターは、かなり高倍率であることが多いそうです。

健康な人、痩せたいという意欲がある人、過去にエステで痩せたことがある人など、サロン側は自分達のパートナーとして、二人三脚で確実に効果を出してくれる人かどうかを見ているといえます。体質や性格的に効果が出やすい人かどうか、などサロン側の条件に合致した場合、採用されるようです。

痩身エステモニターのメリットとデメリットは?

体験では物足りない。どうせやるなら確実に効果を出したい。やはりまとまった期間、本来高額な痩身エステのコースを無料、もしくは特別価格で受けられるというのは魅力的です。

そこで気になるのは、モニターになることのメリットとデメリット。痩身モニターを受けるにあたってメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

痩身モニターのメリット

  • 高額なコースを無料、もしくは特別価格で受けられる
  • まとまった期間、回数通うことができる
  • 新規導入された痩身機器や気になる施術を試すことができる
  • 顧客同様何度も通うので、体験のように勧誘されない
  • 何度も通うのでサロンのスタッフや雰囲気にも慣れるのでリラックスして施術してもらえる
  • エステティシャンから痩身や美容全般のアドバイスをもらえる
  • 確実な効果を得られる

モニターになるメリットは、何と言ってもお金をかけずにプロの施術を受けられることです。モニターになる条件はいくつかありますが、すべてをクリアできたら確実な結果が出るまで施術を受けることができます。「自分で色々頑張ってみたけど、なかなか思うような効果が実感できない」という方にはピッタリのシステムです。

自力でダイエットを頑張る自分のモチベーションを上げたり、エステティックサロンの優雅な雰囲気で癒されたり、エステティシャンのアドバイスで痩身だけではなく、美容全般に対する知識が得られたという意見もありました。ダイエットを含め、「美容のスペシャリスト」からのアドバイスは心強いですよね。最初モニターをするにあたって期待していた、「お得に痩せる」というだけではない、プラスアルファの効果があるようです。

痩身モニターのデメリット

  • 画像やデータを公開しなくてはならない
  • 水着姿のような状態を見られてしまう
  • 痩身コンテストなどに出場しなくてはならない(画像、データも含め)
  • 口コミや感想などの詳細を伝えなくてはならない
  • モニターの条件を守り続けなければならない

デメリットは、自分のデータや写真を公開しないといけないという事です。サロンによって「顔出しOK」「顔出しNG」があります。顔出しOKのところで情報を公開すると、「これ○○ちゃんじゃない?」と、もしかしたら友達にバレてしまうことがあるかもしれません。顔を出していなくても、身体的な特徴で「○○ちゃんかな…」と思われることもあるかもしれません。

また、最初のモニターになるための条件を最後まで守らなければばりません。サロンに通うタイミングや回数、日常生活の中でいうと食事制限や運動を心掛けたり、自宅でのケアなど、サロンの指示通り、確実に成果を出すために努力しなければなりません。

「そういった事もある」ということも踏まえて、モニターに応募しましょう。

痩身モニターになりたい!でも…

モニターに応募した時には頑張ろうと思っても、数ヶ月にも及ぶこともあるダイエット生活ですから、モチベーションを維持しながら継続するということは簡単なことではありません。

しかしながら、モニターになったから痩せなければならない、という考え方ではなく、理想の自分を思い浮かべながら、目標に向かって生活習慣を少しずつ変えていく。そんな無理のない、自然な心掛けの積み重ねが大事なのではないでしょうか。その積み重ねこそが、リバウンドをしない、本物の効果を生むはずです。

「モニターになりたい」と思ったことをきっかけに、変化していく自分を楽しむというくらいの気持ちで、挑戦してみてはいかがでしょうか?

コンテンツ一覧