HOME >  痩身エステQ&A >  痩身エステは痛くない?

痩身エステは痛くない?


セルライトって何?

太ももやお尻のあたりをぎゅっとつまむようにすると、少し凸凹としますよね?それがセルライトです。皮下脂肪が多い場合、手でつままなくても凸凹しているのが分かるという方もいらっしゃると思います。このセルライトは「皮下脂肪が老廃物を巻き込み、肥大化してしまったもの。」と言われています。一度セルライトができてしまうと、自力で落とすのは不可能とも言われています。

何だかモンスターのようなイメージすら湧いてくる「セルライト」ですが、このセルライト、4つのタイプに分類できるようです。混同されている場合が多いのですが、セルライトのタイプを知り、自分がどのタイプに当てはまるのかを知ることで、より明確な対策を考えられるかもしれません。

脂肪型

セルライトとは何か?の解説は、主にこのタイプのことを指しています。

このタイプの型が最も多く、セルライトの半数はこの脂肪型。皮下脂肪によってリンパや毛細血管が滞ってしまい、老廃物が脂肪細胞の中に溜まることで肥大化し、セルライトが作られてしまいます。

このタイプは食事、運動というバランスの良いダイエットによってセルライトも解消します。

むくみ型

女性に多い冷え性やむくみ。これらの症状がある人に多いのがこのタイプ。

「それほど太っていないのに…」「下半身だけプヨプヨしている…」そんな方も多いのがこの型の特徴です。血行不良により、リンパや毛細血管が滞ってしまいます。脂肪型のように、皮下脂肪によるものではありませんが、結果として脂肪型と同じ、老廃物や水分が排出されずに脂肪細胞周辺に止まり、セルライトが作られます。

このタイプは血流を良くし、代謝を上げること。そしてセルライトの部分に対してリンパマッサージなどで直接的に血流を促すようアプローチすることで一定の効果が上がると言われています。

繊維化型

脂肪細胞の周辺にコラーゲン繊維が絡み付いてしまった状態。

脂肪型やむくみ型を長期間放置してしまったことで進行した状態のセルライトとも言えます。このタイプの場合、手でつままなくても分かるようなオレンジピールスキン(肌が凸凹した状態)であり、解消するのはとても困難であると言えます。

このタイプは、脂肪型、むくみ型の対策をセルフケアとして取り入れたうえで、さらに痩身エステで専用機器を使うなど、効果的にプロの技を取り入れると良いでしょう。

筋肉質型

運動をやっていた人がやめるなどして、急に筋力が低下した場合に見られるセルライト。

学生時代、運動部だった人が引退して太ってしまったという話は良く聞きますが、セルライトができる要因の一つに筋肉の老化が挙げられます。鍛えていた筋肉が衰えることで、セルライトが作られてしまうというわけです。

この型のセルライトも自力での解消は困難です。脂肪型、むくみ型の対策をセルフケアとして取り入れたうえで、さらに痩身エステで専用機器を使うなど、効果的にプロの技を取り入れると良いでしょう。

「セルライト」と言っても、できる要因はさまざまだということが分かります。自分がどのタイプなのかをまず見極めましょう。

痩身エステは痛くないというのは本当?

太っている人はもちろん、痩せている人にも見られることが多い「セルライト」。ネットや雑誌を見て、自己流のマッサージでセルライトをなくそうと頑張っているけど、なかなか効果が出てくれない…と悩んでいる方も多いでしょう。そんな方にオススメしたいのが、痩身エステでのセルライト除去です。
痩身エステは痛いというイメージを持っている方も多いでしょうが、今は技術の進歩で最新マシーンを使って痛くないセルライト除去をしているサロンも多いです。もちろん、痛みがあってもおかまいなく、マッサージをするエステサロンもあるのは事実です。

なぜ痩身エステは痛い?

セルライトは簡単にいうと、老廃物や水分が頑固な塊となったものです。肌の表面にボコボコと見えてしまうので、一生懸命もみほぐしている方も多いでしょう。実は、この「もみほぐす」というのがポイントになります。セルライトは塊になっているので、しっかりと揉みほぐして柔らかくし、ボコボコをなくして美しく見えるようにしなければなりません。しかし、自分で揉みほぐす場合「痛い」と感じたら、力を弱めてしまいますよね。それに比べて、サロンではある程度の痛みを我慢してもらいながら、しっかりと揉みほぐしてリンパに沿って流してくれます。
また、お店によっては、専用マシーンを併用する場合もありますが、「痛い」と感じる人も多いようなので、痩身エステを受ける場合は、ある程度の痛みは覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。

痩身エステで痛くない施術とは?

何故セルライトで痛みを感じるのか?

セルライトが多い人ほど施術は痛みを感じやすくなるといわれています。そもそも、セルライトがあって痛みを感じる原因は、セルライトがまわりにある毛細血管やリンパ管を圧迫しているからです。日常的にセルライトができないようにケアしていたらよいのですが、うっかりセルライトができてしまうこともあります。ここで大事なことは、「見つけたセルライトはそのままにしない」ということです。セルライトは、老廃物と水分が塊となった脂肪なので、しっかり揉みほぐして柔らかい状態にしておけば、日常の動きで少しずつなくなっていくといわれています。ですから、セルライトができても、しっかり揉みほぐして常に柔らかい状態にしておいた方が、大きな塊にならずに済むということです。

痛いからといって効果があるわけではない

「痩身エステは痛いもの」という固定概念で、痛みを我慢すればそれだけ効果が出ていると思い込んでいる方は非常に多いですが、決してそうではありません。確かに上記で説明した通り、体内で固まってしまったセルライトは、痩身エステを行うと、毛細血管やリンパ管を圧迫して痛みを伴います。しかし、痛い=セルライトが離れているとは言い切れません。ただ単純に施術が痛いだけの可能性もあります。自分に合っていない施術方法の痩身エステを受けても、痛いだけで残念ながら効果はありません。痛いのを我慢しているのにも関わらず、効果がないものならば、せっかくの痩身エステが無駄になってしまいます。

エステティシャン選びが重要

また、痩身エステはエステティシャンの腕も大きく関係しています。プロのエステティシャンになるためには、かなりの勉強量が必要になりますが、なかには知識の乏しいエステティシャンもいます。セルライトを解消するためには、揉みほぐしてリンパに沿って流すことが大事なのですが、このリンパの位置をしっかり理解していないエステティシャンもいます。そんなエステティシャンに施術をしてもらっても、「ただ痛いだけで効果が実感できない」という事になりかねません。そうならないためにも、口コミや周りの評判などを聞いてサロンを選ぶようにしましょう。

主な痩身エステの種類

エダンモロジー

30年以上前からある、痩身エステの施術方法です。

専用の機械で皮膚を引っ張り、ローラーでセルライトを潰していくといった方法です。

皮膚を引っ張りながらローラーで効率よくセルライトを潰し、血行促進やリンパ管の流れを良くします。

これをすることにより流れが良くなったリンパ管から、溜まっていたセルライトが老廃物として体外に排出されるのを促進することができます。

リンパドレナージュ

リンパドレナージュとは、いわゆる皆さんが痩身エステと言われて想像しているような、エステティシャンが手で行うマッサージのことになります。

リンパの流れに沿って毒素を体外へ排出するのを促し、それと同時にセルライトを潰していくという施術方法です。

リンパマッサージとセルライトを解すことを同時に行うことができて、効率が良いのが特徴です。

疲労回復効果もあり、どちらかと言えばマッサージ要素が高い施術方法となっています。

カッピング

カッピングとは、健康診断などで心電図を見てもらう時、体につけてもらう、吸盤(カッピング)のようなものを気になる部分につけていく施術方法です。

カッピングをつけることによって、皮膚が引っ張られ血行の促進とリンパ管の詰まりを解消させられます。

肩こりなどにも有効で、痩身エステ以外の用途にも使われます。

美容矯正

いわゆる骨盤矯正のように、体の歪みを改善するための施術です。

体の歪みを矯正するため、正しい姿勢と筋肉の位置が正常になるので、見た目的にも細くなった印象を持たれます。また美容矯正を行えば、体の代謝も良くなって、痩せやすい体に変化します。

ゲルマニウム温泉

デトックス効果が期待できるゲルマニウム。岩盤浴と同じようなものだと思いがちですが、岩盤浴よりも即効性があるのです。

通常、岩盤浴の効果は1時間も温泉に入っていないと、効果がないとも言われています。しかしゲルマニウム温泉は15分ほどで効果が出ると言われています。新陳代謝を促すことにより、痩身になることも期待できますし、肩こり・腰痛・便秘などにも効果があります。温泉に入っているだけなので手軽に行えます。

EMS

EMSとは体に専用のパットを貼って、そこから電気信号を脳に送って筋肉の運動を矯正的に促す施術方法です。ホームセンターなどにも売られている、筋肉を鍛えるパットもこの一種です。強制的に筋肉を動かす指令を送ることで、寝ていながらもハードな運動をしているのと一緒効果が得られます。脂肪燃焼効果が高く、痩せやすい体作りをアシストしてくれます。

以上そのほかにも、痩身エステには様々な施術方法があります。

他の施術方法は、後ほど詳しく紹介して行きたいと思います。

痩身エステではどんなことをするの?

先ほど挙げていった痩身エステ以外にも現在、最も効率の良いとされている痩身エステの施術方法もあるのです。それが「キャビテーション」と呼ばれる施術方法です。何と言っても、今話題の「キャビテーション」や「ラジオ波」などの痩身マシンを取り入れた施術を行っているエステが多いようです。

キャビテーションは、「切らない脂肪吸引」とも言われています。特殊な超音波を脂肪が気になる部分に照射することで、脂肪細胞に刺激を与え、破壊するのだとか。破壊された脂肪細胞は代謝によって自然に体外へと排出されるとのこと。

脂肪細胞を破壊する…え?それって美容整形でいわれてきた、エステと美容整形の痩身施術との根本的な違いである、「脂肪細胞の数を減少させたか否か」ということを覆す施術ということなのではないでしょうか。そうなのです!このキャビテーションは、今までエステの施術では不可能と言われてきた脂肪細胞の数を減少させるということを可能にしたマシンなのです。これは画期的です。

ラジオ波は、高周波のことで、照射すると体内の水分が刺激され、熱くなり、体温が上がります。それにより、リンパや血流が促進され、代謝を上げることができます。また、脂肪も燃焼しやすくなりというメリットもあり、痩せやすい体質へと改善することができるマシンとして、その確かな効果に注目が集まっています。

参考URL

超音波補助脂肪吸引、およびセルライト減少を伴う身体輪郭の概要(こちら英文の論文です)

いずれも冷えやむくみなどの改善にも効果があり、脂肪へのアプローチとともに血流やリンパの流れをスムーズにすることで老廃物の排出を促し、セルライト除去にも効果があるのだとか。

そしていずれも肌表面への施術なので痛みはありません!痩身エステ=痛いという概念をも覆す施術が出現した!と言えるでしょう。

各エステさまざまな施術メニューがありますが、体を温める→美容機器→︎リンパマッサージというような流れであることが多いようです。
このリンパマッサージのところで痛みを感じるという場合がほとんどです。

このような施術をしても、効果が得られなかったという声もありますが、施術メニューを事前に確認し、自分のセルライトにはどのようなメニューが効果がありそうか、ある程度見極めること、そしてエステ任せにせず、あくまでも自分のダイエット成功のパートナーと考え、積極的にセルフケアを行うこと。

エステの良さの一つは、モチベーションの維持が難しいダイエットの、良い相談相手になってくれるというところにあると思います。施術だけでなく、食事や生活習慣などに対してきめ細かくアドバイスをしてくれるエステを選ぶと良いでしょう。

参考論文

キャビテーションの口コミ

ケース1

子供を産んでから産後太りがなかなか解消されず、食事改善やウォーキング、ジムなど色々試しましたが、効果は多少あるものの何故か下半身だけ効果がなかったんです。そこで色々調べてみると、下半身は特にセルライトが溜まりやすく、痩せにくいという情報をつかみました。そんな時、知人に勧められキャビテーションの存在を知りました。痛くないとは聞いていましたが、そんなことをいっても痩身エステなんて痛そうだから、辛い日々になりそうだと最初は憂鬱でした。しかし、いざ施術が始まると、超音波が体に流れているむず痒さはありましたが、徐々に慣れていき、特に痛みや体調が悪くなるといったことはありませんでした。それから2〜3日経つと早速、少し痩せているかなと感じるようになりました。現在も通っていますが、脚も徐々に細くなってきて、脂肪細胞が減った分、太りにくくなった気がしています。

ケース2

以前から下半身太りに悩まされていて、痩身エステも色々と試してきました。しかしマッサージや人にぶつかっただけで、直ぐにアザができてしまう私に合った施術方法はないと諦めていました。ところがネットで見つけたキャビテーションは、高周波で脂肪を燃焼させるので、マッサージ後のもみ返しのような痛みがないという触れ込みを見て、藁をもすがる思いでクリニックを受診することに。結論から話すとキャビテーションは私に体に合っており、効果も絶大でした。施術後、徐々に脂肪が落ちていくとものと説明されていましたが、次の日から効果を実感し、5日目ぐらいから目に見えて細くなっているのを鏡越しに確認できました。

ケース3

太りやすいか太りにくいかは、脂肪細胞の数で決まるということは知識としてありました。それなのでダイエットをしても限界があると思い、脂肪細胞を減らす方法を色々と調べていました。そこで、脂肪細胞を減らすとなると、脂肪吸引か脂肪溶解注射のどちらかを選択しないといけないということを知りました。ところが脂肪吸引は、体へメスを入れるため大掛かりになってしまいますし、メスを体に入れるのは非常に怖いと思ってしまいました。術後も痛みを伴い、休養日数もかかります。脂肪溶解注射の方は、安全だとは聞いていましたが体内に脂肪を分解する薬を入れるため、本当に大丈夫なのかと不安を抱いていました。そんな時、キャビテーションの存在を知ったのです。キャビテーションは、脂肪吸引や脂肪溶解注射と同じように、脂肪細胞そのものを減らせるのにメスや薬を体内に取り込むことは一切なく、専用の機械を体に当てるだけとのことでリスクがないと感じて、こちらを選択することに。施術を受けての感想は、本当に安全で安心しました。本当にマッサージを受ける感覚で手軽に行え、効果も実感できたので、現在も定期的に通うようにして体型維持に務めています。

以上、キャビテーションを受けての感想でした。
キャビテーションは専門のクリニックで受けられますが、料金もクリニックによって違いがあります。

施術一回ごとに料金を支払うものや、コースとして決められた回数分の料金を初回に支払う場合もあります。

しかし本当に効果があるか分からないものに、高額な料金を支払うのをためらってしまう人もいると思います。

そんな人のために、体験コースを用意しているクリニックも存在します。

体験コースならば低料金で施術を体験できるので、効果が本当にあるのか自分の体で見極めることができますね。

自分のお財布とスケジュールにあったクリニックを選べるか否かが、大事なポイントになります。

セルフケア

「セルライト潰し」という言葉をご存知でしょうか?

一部のサロンで使用されている言葉ですが、それらのサロンでは、セルライトの排出を促すようなメニュー構成であるようです。しかし、セルライトは潰せるものと思い、自己流で無理に力強くマッサージをしたり、潰そうとするのは危険です。ただでさえ、セルライトによってリンパや毛細血管が滞っている状態で、ダメージを与えているところに、そのようなことをしては、毛細血管を破壊してしまったり、修復しようとするコラーゲンの働きで、脂肪細胞が肥大化してしまうなどのリスクがあります。この他、「痛い」と思う程の力を加えるマッサージを自己流でするのは危険です。

セルフケアの秘訣は「無理せず、継続すること」そこで、無理なく続けられる簡単なセルフケアをご紹介します。

温活

体を温めましょう!現代女性は、冷えがちな生活を送っています。デスクワーク、夏でも冷房が効いた部屋にいる。冬でも暖かい部屋で、冷たい食べ物や飲み物を食べている。忙しいからシャワーだけで済ませてしまう、タバコを吸っている、など。これらはどれも、体を冷やしたり、血行が悪くなる原因を作っているもの。年間を通して、できるだけ温かいものを食べる、飲むこと。お風呂は湯船に浸かってゆっくり温まること。その時に手足や気になる部分をさする程度にマッサージすれば、リンパや血液の循環を促します。

そしてタバコはやめましょう。

有酸素運動

筋肉を鍛えられるような有酸素運動がおすすめです。ウォーキングやランニング、スイミング、ヨガやピラティスなどにも効果的なプログラムがあります。また、日常生活の中で、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う。車ではなく、歩きや自転車を使う。これだけでも十分です!

ホットペッパービューティー

日本最大級の検索・予約サイトのホットペッパービューティーは、口コミが見られるだけでなく、クーポンもあります。どんなサロンがあるのか気になったときは、まずはホットペッパービューティーで検索してみましょう。

ispot by@cosme

ispotは日本最大の化粧品クチコミサイト「@コスメ」のサロン紹介ページです。口コミ件数も多いので、ホットペッパービューティーと比較しながら見ることをオススメします。

自社ホームページに書かれている口コミは、あまりあてにならないこともありますので、できれば大手投稿サイトに投稿されている口コミをチェックしてみましょう。

コンテンツ一覧